成果発表会(課題研究発表会)

 

【平成30年度】

成果発表会

平成31年226日(火)

  

 平成30年度のSSH成果発表会を行いました。

 

・発表第1部(口頭発表)体育館

 ア 平成30年度の取組紹介

 イ ひびきの学問探究発表…年間で4回、1,2年生の希望者のべ46名が早稲田大学大学院情報生産システム研究科(IPS)研修など本年度新規の取組を行いました。参加した1年生2名が代表して内容やその成果について発表を行いました。

 ウ 理科部発表(化学部)…「有機溶媒VS黄色チョーク」

 エ 理科部発表(物理部)…「声から受け取る感情」

 

・発表第2部

下記ア~ウの口頭発表を体育館で、エのポスター発表を柔道場、剣道場、講義室「海」・「響」・「筑紫」にて同時進行で実施しました。

 ア 2年生課題研究発表(数学)…「栗まんじゅう問題~全てが餡になる~」

 イ 2年生課題研究発表(物理)…「弾性エネルギーで宇宙へ~落下距離と最高到達高度の関係~」

 ウ 2年生課題研究発表(生物)…「いつ飛ぶの?45(イマ)でしょう!」

 エ 2年生課題研究ポスター発表 … 理系の生徒全員(200)が物理12テーマ、生物8テーマ、化学11テーマ、数学12テーマのポスター発表を行いました。また、文系(120)は、「電力システムは集中管理が可能か、分散管理が可能か」というテーマで各自が書いた意見文を冊子にまとめ、そのうちの代表3班がポスター発表を行いました。

  

  

  


 

【平成29年度】

 

 成果発表会

平成30年226日(月)

  

 本年度のSSHの取組を披露するSSH成果発表会を開催しました。口頭発表では、体育館において、1年生の代表2班「未来を照らすflourescent light」「仮面ライダーから学ぶ~風力発電~」をテーマとして、「ひびきの探究ツアー」で学んだ蛍光管や風力発電より発想を得て、さらに詳しく各自で調べ、考えた意見をまとめ、口頭発表しました。2年生の数学課題研も「結び目~The Theory of Knot~」「近似多項式」をテーマに口頭発表しました。また、生物部・物理部・化学部の理科部はそれぞれ「ボロノイ図によるコオロギの分布研究」「イヤホンの絡まり方の謎に迫る~収納方法による結び目の違いについて~」「手持ち花火の性能向上」をテーマに1年間の研究を発表しました。発表者以外の1年生および2年生は参観し、質疑を行いました。

 ポスター発表では、柔道場等の各会場において2年生理系生徒全員211名および文系代表生徒11名がポスター発表を行いました。2年生理系生徒全員および文系代表生徒は全体54本のポスター発表を行いました。理系は主に班単位での研究、文系は個人研究です。1年生徒および2年文系の発表しない生徒は会場を移動しながら口頭発表とポスター発表の両方を参観しました。 

   

  
 

 

【平成28年度】

 

 成果発表会

平成29221日(火)

 

  運営指導委員の方々や、他校の先生方参観のもと、今年度の成果発表会を開催しました。

   口頭発表では、体育館において、1年生の代表2班が「太陽光発電は宇宙へ」「人工知能と人間の未来」をテーマとして調べ考えた意見をまとめ、発表しました。平成28年度は新たに2年生の課題研究においても代表2班「東筑で紙飛行機を飛ばしてみた」(物理)、「僕たちのダーツライフ」(数学)が口頭発表を行いました。また、生物部・物理部・化学部の理科部はそれぞれ「コオロギは墓場をつくるのか?-24時間大追跡-」「イヤホンの絡まり方の謎に迫る~for earphone」「光触媒を用いた水の浄化」をテーマに1年間の研究を発表しました。

2年生課題研究のポスター発表では、柔道場等の各会場において、理系生徒全員および文系生徒9名が全体で51本の発表を行いました。理系生徒は5~6名の班ごとに行ってきた物理・化学・生物・数学の研究の成果、文系生徒は個人研究に取り組んできた成果をそれぞれのポスターで発表しました。参観者の生徒も積極的に質問を行い、意義のある成果発表会となりました。

 

        

 

 

 



【平成27年度】
 成果発表会

平成28219日(金)

 

 1年生は「トータル・ロジックス」における“ひびきの探究ツアー”を、2年生は“課題研究”を、および理科部は1年間の活動の成果を発表しました。

 まず体育館にて、クラス内発表、学年内発表を経て選出された1年生の2つの代表班(1年2組『近未来検証プロジェクト』、1年6組『太陽電池の未来』)が口頭発表を行いました。その後、体育館では理科部の発表が行われました。生物部が『コオロギと超音波の関係』、物理部が『イヤホンの絡まり方の謎に迫る』、化学部が『手持ち花火の性能向上と自作による開発』をテーマに発表し、日頃の研究の成果を報告することができました。

同時に、柔道場、剣道場、3つの講義室にて2年生は課題研究のポスター発表を行いました。理系の生徒は、全40班(物理15班、化学11班、生物8班、数学6班)が、班ごとに独自の研究テーマを決め、実験計画を立てて実験し、結果について班員全員で考察し結論を導きました。各テーマについて発表を行い、自分たちが取り組んできた研究について参観者に説明しました。文系の生徒は、代表者6名が複数の文献を読み込み、比較検証して考えを深め、自己の研究課題を明確にしたポスター発表をしました。成果発表会前日には文系生徒全員で議論会を行っており、その様子は、スライドショーで紹介しました。

生徒は、主体的に今年1年間のSSHの授業で学んだことを振り返り、発表者、参観者それぞれの立場でその成果を試すことができ、大変充実した会となりました。

 

 

  

 


 

 

 

【平成26年度】

 

 成果発表会

平成27年2月24日(火)

   1年生の「トータル・ロジックス」、2年生の「課題研究」における学習の成果を発揮する場として、口頭発表、ポスター発表による成果発表会を実施しました。また、理科部の研究紹介をあわせて行いました。1年生は「ひびきの探究ツアー」の体験に基づいて設定したテーマに関する口頭発表を代表班が行いました。2年生の「課題研究」については、文系は代表者による口頭発表を行い、理系は生徒全員によるポスター発表を行いました。

 成果発表会では、ステージ上で発表する生徒がプレゼンテーション能力を発揮するだけでなく、発表を聴く生徒が「論理コミュニケーション」で学んだ内容を要約して聞き取る力を発揮することができました。また、生徒は発表に対して積極的に質問をして、互いの研究をより深く知ることができました。

   


 

 ホーム
福岡県立東筑高等学校〒807-0832福岡県北九州市八幡西区東筑1丁目1番1号
Tel:093-691-0050 Fax:093-691-9531
福岡県立東筑高等学校
〒807-0832福岡県北九州市八幡西区東筑1丁目1番1号
Tel:093-691-0050  Fax:093-691-9531
Copyright(C)2014 tochiku high school. All rights reserved